株式会社甲府不動産の未来への取り組み

sdg_poster_ja_page-0001.jpg

SDGs 持続可能な開発目標


SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標の略称)は、2015年に国連サミットで採択され、「誰一人取り残さない」という理念に基づき、飢餓・貧困・健康・教育などの世界的な課題を解決するために、2030年までに国連加盟諸国が達成すべき17の目標が掲げられています。
私たち『すまい暮楽部』株式会社甲府不動産はSDGsに賛同し、様々な不動産取引や家づくりを通じて、住む人が心地よく快適に暮らせるための住環境や街づくりを目指し、持続可能な社会の実現に向けて事業を展開していきます。

持続可能な開発目標(SDGs)の詳細はこちら


環境1.png

末永く安心して住まえる住宅や宅地の提供

  • 暮らす人がが心地よく快適に暮らせるための住環境や街づくりを提案します。
  • 地震による不安をなくし安全に安心して住み続けられるよう、耐震等級3を取得します。
  • 末永く快適に住まえる『ゼロエネ住宅』と『100年保証』を提案します。

教育.png

女性の雇用を増やし子育てしながら働きやすい環境を提案します。

  • 地域に必要とされる企業になることで、働き甲斐のある企業を目指し、女性や非正規社員を平等に雇用しジェンダーレスな社会を目指します。
  • 過剰で異常な森林伐採を防ぎ、環境に配慮した家づくりを提案します。
  • 勉強会を通して知識や技術を広く共有し、知識の貧困をなくします。

仕事.png

不動産・住宅業界の連携を行い、暮らしを楽しみながら働きがいのある職場を提案します

  • 不動産・住宅業界の関係する全ての自治体や団体、個人との連携で目標を達成します。
  • 働き方改革による業務の効率化を行い、誰もが無理なく安心して働ける環境にします。

大切なひとへ、そして大切な地球へ。Present Tree

地球に1日1本の木を贈る

2020年10月の「2050年カーボンニュートラル宣言」から、2021年5月には「改正温対法」が成立するなど、日本国内では地球と私たちの次世代の未来を守る「脱炭素」を企業に求められる流れが急加速しています。
CO2を吸収し、酸素を排出する森林の保護は、私たち人類みんなの課題といっても過言ではありません。
特に住宅業界では、家を1棟つくる上で、約90本の木材が必要だといわれています。
私たちは、木材を使ってお客様のお家を作りながら、お客様と地球の未来を守るという使命・責任を負っていると考えています。

その責任を果たすためにも、私たち、不動産・住宅会社と地場建築業界の活性化を目指す、株式会社甲府不動産は、協力会員の力を合わせ、1日1本の木を地球にプレゼントしてまいります。
1日1本、地球にプレゼントした木は、1年間で365本、10年で3,650本、30年たてば11,000本にもなります。
そして30年かけて見守られた苗は、私たちの次の世代が家を暮らしを作るための木に成長するのです。
皆様と一緒に、家と暮らしを作るだけでなく、未来を築いていきたいと、私たちは考えます。

Present Treeの詳細はこちら


夢を、貧困につぶさせない。子供の未来応援国民運動

貧困の状態にある子供たちを救う

私たち住宅会社は、家づくりを通じて地域の皆様の幸せな暮らしを作ることを目指しています。おうちを建てられる方の中には小さなお子様を持つご家庭も多くいらっしゃいます。 しかし日本には、生まれ育った環境によって、栄養バランスの取れた食事ができなかったり、教育の機会が得られない子供たちがいます。

日本の17歳以下の子供の相対的貧困率は13.5%(2018年、厚生労働省調べ)また、経済的理由により就学援助を受けている小学生・中学生は約137万人います(2018年、文部科学省調べ)。
子育てや貧困の問題を家庭のみの責任とするのではなく、社会全体で解決することが重要です。
日本の将来を担う子供たちを救うためにも、その責任を果たすためにも、私たち、住宅会社と地場建築業界の活性化を目指す、株式会社甲府不動産はは、協力会員の力を合わせ、「子供の未来応援国民運動」に取り組んで参ります。

子供の未来応援国民運動の詳細はこちら