住宅ローンの審査が通らない10の理由!

なぜ、住宅ローンの審査が通らないの?

「 なぜ、私たちは住宅ローンの審査が通らないのでしょう? 」
「 どうしたら、住宅ローンの審査が通るようになるのでしょうか? 」

最近では、このようなご相談内容が、当社の「資金計画セミナー」で増えています。
残念なことですが、様々な理由から住宅ローンの審査が通らず、家づくりを諦めてしまっている方が非常に多くなっています。
実は、住宅ローンの審査が通らない方にはいくつかの原因が考えられます。
その原因に対する解決策を甲府不動産がご紹介します!

住宅ローンの審査が通らない10の原因

1.年収が300万円以下

年収が300万円以下

住宅ローンを借りるときに、一番重要視されるのが「年収」です。
しかし、年収が300万円以下の方は住宅ローンが組めないのでしょうか?

決してそんな事はありません。

甲府不動産では年収が300万円以下の方でも住宅ローンの借入が可能です。
まずは、あなたに合った資金計画を行い、その予算に合わせて中古住宅や、土地から探して注文住宅などをご提案することができます。

2.自己資金が少ない、またはゼロ

自己資金が少ない、またはゼロ

住宅ローンを借りるに「自己資金が少ないとダメだ。」「自己資金ゼロだと、住宅ローンは絶対借りられない!」と思われている方が非常に多いです。

甲府不動産では自己資金を必要としない方法があります。

3.自動車ローンの残債がある

車のローンの残債がある

自動車を購入するときには、ローンで支払う人の割合が6割以上と言われています。
返済期間は平均するで3年~5年が多いようです。

自動車のローンの残債があると、住宅ローンを借入できない可能性が高くなりますが、
甲府不動産では車のローンの残債があっても住宅ローンを借入できる方法があります!

4.キャッシングやリボ払い、サラ金の残債がある

サラ金、キャッシング、リボ払いの残債がある

キャッシングやサラ金を利用している人は1200万人とも言われ、実に国民の1/10にもなります。
利用者の年齢は30代40代が多く、家づくりをされる多くの方が該当します。

このような方は、甲府不動産にご相談ください。

5.クレジットカードの支払いが遅れた事がある

クレジットカードの支払いが遅れた事がある

普段の買物の支払いや公共料金の引き落としなど、クレジットカードは様々な場面で利用されている方は多いと思いますが、銀行口座の残額不足などにより支払いが遅れた事がある場合、住宅ローンの借入は難しくなります。

6.債務整理をした事がある

債務整理をした事がある

最近テレビやラジオのCMで弁護士事務所などが行っているサービスで、過払い金返還請求の事です。
この債務整理をした事がある場合、住宅ローンの借入は難しくなります。

7.家族の借金を肩代わりしている

家族の借金を肩代わりしている

家族の借金を肩代わりしている場合、住宅ローンの借入ははなかなか難しくなります。

甲府不動産では家族の借金を肩代わりしている方でも住宅ローンを借入できる可能性もあります。

8.すでに別な住宅ローンの借入をしている

すでに住宅ローンを組んでいる

以前購入した、中古住宅などの住宅ローンが残っており、家族構成の変化などから「住み替え」を希望したいケースなどです。

通常の場合、「現在のローンを完済してから」ですが、
甲府不動産では、すでに住宅ローンの残債があっても、場合により住宅ローンを借入できる方法があります。

9.契約社員の場合

契約社員の場合

現在は雇用形態に「契約社員」というものがあり、この数も年々増加しています。
しかし、このような方は住宅ローンが組めないのでしょうか?

そんな事はありません。

甲府不動産では、契約社員の方でも住宅ローンを借入できる方法があります。

10.自営業を営んでいる

自営業を営んでいる

自営業の方の場合、開業の年数や売上金額などに関係なく、住宅ローンの借入が大変難しいケースが多いのが通例です。

甲府不動産では、自営業のでも住宅ローンを借入できる方法があります。

ここでご紹介した項目に該当する人は、家づくりを諦めなければならないのでしょうか?

そんな事はありません、甲府不動産では方法があります!
もし、「私は住宅ローンの借入はできるのか?」と思われる方はぜひ当社にお問い合わせ下さい。

甲府不動産ロゴ

お問合せはこちらから

TEL055-225-6960
営業時間10:00~18:00
定休日:水曜日