物価上昇と家づくり

20年前は20%台だった日本のエネルギー自給率は

今や約10%に減っているし、

約50%あった食料自給率も約40%まで減っているため、

現在、日本が招いている円安は家計に大きなダメージを与えます。

実際、すでに大幅に値上がりした食料品もたくさんあるし、

肥料の価格も大幅に値上がりするため、

近い将来、野菜やお肉などにも

その値上がりが反映されることでしょう。

また、電気料金にしても

この1年で3割上がったとか、

12ヶ月連続値上げだとか、

「えっ?そこまで?」という

劇的な値上がりを見せている状態であり、

これらの値上がりが

きっとボディブローのように

ジワジワと効いてくるのは

間違いないのではないでしょうか。

おはようございます。

甲府不動産の榊原です。

とまあ、景気の良し悪しに関係なく、

また給料が増える見込みも少ない中、

ガンガン物価上昇だけが進んでいる日本ですが、

御多分に洩れず、こと住宅価格においても

えげつない価格上昇の波が訪れていまして

かつ、高止まりした状態で

落ち着くんじゃないかと言われています。

そんなわけで、

こんな状況の中で家を建てるとしたら

どうすればいいのかについて

今回はお伝えしていきたいと思います。

おそらく平均すると

1年前に比べて4〜500万円ぐらい

値上がりしていると思うので、

そんな値上がりの中でも、

負担を増やさないようにするための

具体的な手段についてです。

✔️返済年数を5年延ばす

500万円値段が上がれば、

そのまま借入が500万円増えることになると思いますが、

返済年数を35年のままでこれを試算すると

返済負担が1.5万円ほど上がります。

ゆえ、個人的には返済年数を5年延ばす

という選択をとっていただいた方が

いいと思っています。

そうすれば

毎月の返済負担が上がらないからです。

かつ、住宅ローンには

債務者にもしものことがあった時、

住宅ローンの残債がゼロになるように

掛け捨ての生命保険料が含まれているので、

家を建てるタイミングで

必要以上に加入している生命保険を

見直した方がいいと思っています。

というわけで、

この2つを実行することで

まずは負担を上げないようにしてください。

そして、その上でやって欲しいことが1つ。

「積立投資」です。

つまり投資信託をこれから40年に渡って

毎日(毎月)同じ額を買い続けるということですね。

これに関しての内容は

ここでは割愛しますが、

これをやったかやってないかによって

今後の人生が大きく違ってくる

といっても過言ではないと思うので、

取り急ぎここまでの一連の流れを

前向きにやっていただければと思います。

✔️太陽光発電を設置する

そして、もう1つ検討して欲しいことが

太陽光発電の設置です。

理由は単純明快で、

電気料金は確実に今後も上がり続けていくからです。

政府は電気料金の安定のために

原発の再稼働に前向きですが、

おそらく再稼働はそんなに簡単じゃないでしょうしね。

ゆえ、買取金額がショボいから

設置すべきではないという意見は

絶対に鵜呑みにしないでください。

現在は、儲けるために

太陽光発電パネルを設置するのではなく、

高騰していく電気を電力会社から

買い続けなくてもいいようにするために

設置するという考え方ですからね。

かつ、次に購入する車を

電気自動車にするつもりだとしたら、

そのタイミングで蓄電池を設置することも

視野に入れておいてもいいかと思います。

蓄電池を設置すれば、

夜の電気も電力会社から買わなくて済むので

さらに電気料金が格安になるし、

車1台分の燃料代もいらなくなりますしね。

もちろん、

蓄電池の設置に費用はかかるので、

これに関してはきちんと

採算が合うかどうかを計算した上で

設置すべきではありますけどね。

以上が、これから家を建てる方に

知っておいていただきたいことであり、

ぜひ実行してもらいたいことです。

厳しい物価上昇の中、家を持つことは

これまで以上に金銭的な不安を感じると思いますが、

個人的にはこの2つを実行すれば、

きっと大丈夫だと思っているので、

ぜひ参考にしていただけたらと思います。

それでは、、、

この記事は役にたちましたか?
シンプルで豊かに暮らせる住まいと土地をご提案します!
お気軽にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP