白をベースにする理由とその合わせ技

「白」という色は、

「熱を吸収しにくい」ことと

「光を反射しやすい」という

特徴を持っていることから、

弊社では「白」を外壁と内装の

メインカラーとして使用しています。

熱を吸収しにくい「白」を外壁に使えば、

家の中が暑くなりにくいし、

光を反射しやすい「白」を室内の壁と天井に使えば、

光が家全体に拡散しやすく家が明るくなりやすいからです。

とはいえ、ただ単に「白」を外壁に使えば

それだけで快適性が増すわけではなく、

それに加えて良い断熱材を使うという合わせ技が大事なように、

室内とて、ただ単に「白」をメインに使えばそれだけで

家が明るくなるわけではないので、

今回は、どんな土地でも明るい家を実現するための

合わせ技についてお伝えしつつ、

最後に内装を「白」でまとめている

もう1つの理由についてお伝えしていきたいと思います。

おはようございます。

甲府不動産の榊原です。

では、まずはどんな土地でも

明るい家を実現するための

合わせ技についてから。

✔️カーテンがいらない家にする

壁や天井で光を拡散するためには、

そもそも家の中に光を入れないといけません。

ゆえ、窓をつくるわけですが、

設計の時に熟考しないといけないのが

この窓のつくり方です。

というのも、闇雲に窓をたくさんつくっても

カーテンがセットになって

ひっついてくるような窓ばかりでは、

充分な光が家の中に入ってこないからです。

ゆえ、弊社では基本カーテンがいらない窓しか

つくらないようにしているのですが、

この合わせ技をやった結果、

たっぷりと室内に光が入ってくると同時に、

窓の数が減りその分コストが削減出来るし、

さらにカーテンもいらないので、

もっとコストを削減することが出来ます。

また昼間から照明をつける必要もなくなるので、

高騰していく電気代も削減することが出来ます。

(曇りの日でも必要ないレベルです)

✔️ハイサッシを使う

そして、窓に関するもう1つの工夫は、

光をたっぷりと採り込みたい窓は

天井まで高さがあるサイズのものを使うということです。

つまり、一般的に使われている

窓の高さは2mですが、

2mは使わず天井と同じ高さの

2m40cmを使うということですね。

わずかこれだけのことですが、

これだけでも窓から入ってくる

光の量が格段に変わります。

というわけで、

カーテンがいらない窓にしつつ

メインで光を入れる窓をハイサッシにする、

という合わせ技をすることで、

「白」による光の拡散効果を

最大限に高めているというわけですね。

では最後に、

「白」を内装のメインカラーとして使っている理由、

もっと言うと内装をシンプルにしている理由について

お伝えしていきたいと思います。

✔️内装をシンプルにする理由

それは、いざ生活しだすと、

家の中がたくさんの色で氾濫することになるからです。

つまり、ただでさえ

いろんな色で氾濫することになるのに、

その下地となる内装にまで

色をたくさん使い過ぎてしまうと、

家の中がゴチャゴチャし過ぎて

リラックスした状態で

過ごしにくくなってしまうからですね。

ゆえ、弊社では

基本壁と天井の色を「白」にすると共に、

室内ドアの色も「白」にし、

かつ、そのほかの様々な部材も

「白」にしているというわけですね。

いわば、家具や雑貨、そして生活用品などが

そこに加わることを前提として

家をコーディネイトしているという感じでしょうか。

確かに、白を基調とした

色をほとんど使っていない室内は、

なんだか病院を連想させそうだし、

味気なく物足りない感じがしてしまうかもしれません。

しかし、大切なことは、

全てのアイテムが揃った時、

その空間がどうなるかじゃないかな?

と個人的には思っています。

なので、これから家を建てようとお考えの方は、

こういった考え方があることも

ぜひ知っておいていただければと思います。

それでは、、、

この記事は役にたちましたか?
シンプルで豊かに暮らせる住まいと土地をご提案します!
お気軽にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP