こんにちは、榊原です。


外出先から会社に戻ると、女性スタッフが悩んでいる様子。

以前から担当している、甲府市内の土地売買の案件でこの2日間悩んでいる、とのこと。

この案件のきっかけは、

「隣接の土地を売ってくれることになったので、契約書類を作ってほしい」

と、買主様より相談を頂いたことから始まりました。

弊社への相談前は、売主様と買主様が知人同士であったため、直接契約をする予定だったようです。

土地取引の話が進み、買主様が住宅ローンの申し込み手続きをしていると、住宅ローン会社より

「融資をするには、不動産業者が作成する重要事項説明書が必要です」

と言われたため、あわてて弊社に依頼することとなったようです。

この土地は、売主様が子供のために40年ほど前に購入。

その後、子供たちは独立して県外に生活の場を移すなどしたため、土地が不要になり売却、

という、よくあるケースですね。

依頼を受け、市役所などの調査をした結果、この土地、かなり問題が‥‥。

土地の面積が広いため、「開発許可」が必要であったり、40年ほどまえの「農地転用許可書」がでてきて、これにも問題があって‥‥

売主様が購入した40年の間に、法律が変わったり、市町村合併があったりと不動産を取り巻く状況もだいぶ変化し、当時良かったものが今では通らないことがあるのです。

(詳しい話は長くなるので、また機会があればお伝えしたいと思います。)

そんな難しい案件だったのですが、お付合いのある測量会社さんなどと連携し、甲府市との協議を地道に続け、なんとか開発や農地などの問題が解決することができました。

開発許可は不要になり、申請費や工事費用が削減でき、売主様や買主様も大変喜んでいただきました

ご尽力頂いた、測量会社さんのおかげですね。

しかし、これでは終わりませんでした。

住宅ローン会社より「その条件だと融資に問題があります」

の一言で、また振り出しにもどり、女性スタッフを悩ますことになったのです。

内容を聞いてみると、司法書士さんと税理士さんに相談するのが良さそうな内容です‥‥

もう少し、時間がかかりそうです‥‥

売主様、買主様、もうしばらくお待ち下さい!

専門業者さんの知恵を借りながら問題を解決し、無事に不動産を引き渡すまでお手伝いいたします!

記事を書いた人: 榊原 邦雄

出身地:山梨県甲府市 趣味:ゴルフ、アウトドア キャリア:25年 資格:宅地建物取引士 、 損害保険募集人 MESSAGE 不動産のことは、お気軽にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。