• 資金計画もせずに、いきなり土地を探そうとする会社(人)
  • 先に土地を不動産業者で、決めてきてほしいという会社(人)
  • 土地が見つかるまで、プランを描いてくれない会社(人)
  • 住宅ローンを銀行やあなたに、丸投げする会社(人)
  • たくさんの土地情報を、手当たり次第に集めようとする会社(人)

上のような会社(人)は選ぶべきではないとお伝えしました。
今回はその理由についてお伝えいたします。

その理由はとても簡単で、要するに自社の商品である

『家を売ること=契約を取ること、しか考えていない』からです。

これから家を建てようとお考えのあなたは、30年以上という長期間にわたって住宅ローンを組もうと考えていると思います。
その長い間には車の買換えや子供の塾代、大学など進学のための資金も準備したいとお考えですよね。
たまには家族で旅行に行ったり、子供の成長とともに食費が増え、携帯代も人数分かかってきますよね。
このようなことを考えると、住み始めてからの暮らしのことを考えた資金計画がとても大事になってくるわけです。

例にあげた会社(人)は、明らかに資金計画をおろそかにしたまま、家づくりを進めようのしています
そうなれば、結果的にあなた自身が無理な住宅ローンを組むことになり、後々苦しい生活を送ることになってしまうんですよね。

住宅会社は『家を建てるプロ』なのですが、それと同時に、あなたに寄り添い、あなたの家づくりを全力でサポートするべき存在であるべきです。
あなたの将来の幸せを真剣に考えるなら、お金や土地のことについて、プロとして全力でサポートするべきなんですよね。

住宅会社を選ぶ際には、前回お伝えした点に注意しつつ、信頼のおけそうな会社(人)に依頼するようにしていただけたらと思います。

といっても、

『頻繁に来てくれるから熱意がある』
『ニコニコと感じが良いから信頼できそうだ』

というように勘違いしたり、表面的な部分で流されないようにも、十分に注意していただきたいと思います。

あと、安さを売りにアピールしてくる会社や、すぐに値引きを提示する会社は要注意ですね。

価格が安かったり、値引きをしてくれることは、あなたにとって嬉しいことだと思います。
ですが、定価の設定に決まりのない注文住宅では、そのことが、後々あなた自身に跳ね返ってくることになるかもしれないから注意が必要です。

その理由について具体的にお伝えしたいと思います。

住宅の価格は、大きく3つの要素から成り立っています。

  1. 家の材料費
  2. 職人さんの手間
  3. 建築会社の利益

価格を安くするには、この3つの要素の中で、どれかを一つか、全部を安くするしかないんです。

まずは『家の材料費』についてお伝えいたします。

家に使用する材料はいくつかのグレードがあります。表面に見える外壁材や床材などや、木材や断熱材など完成すると見えなくなる材料があります。この材料は、どのグレードを使用するかで価格は変わってきます
その材料価格以上に大きく変わってくるのが、メーカー等からの仕入れ価格です。この仕入れ価格は、家の価格に大きく影響します。

例えば、定価で100万円の浴室があったとします。その仕入れかけ率がA社とB社で20%違うとします。そうすると、たった一つの商品でも20万円もの費用が違ってくることになります。

このように浴室などの水廻り製品だけでなく、他の材料もこのように仕入れ価格に違いがあるとしたら‥‥
同じ商品でも販売する価格に違いがでてきますよね。

大量に仕入れれば安くなるのでは!

確かに、それもあり得る話です。しかし、実際のところはそれだけではないのです。

たくさん建てている会社が仕入れ価格が安いかというと、そうでもなく、
建てている数が少なくても仕入れ価格が安い住宅会社もあるのです。
これは、その会社の企業努力によるものですがら、一概にはいえませんが、会社と会社のビジネスの場でも、最終的には人と人のお付き合いなのです。メーカーや取引業者から「この会社を応援したい!」と思われるような、熱意があり誠実な会社であるかどうか?が仕入れ価格に大きく影響してくるのです。

とはいえ、多くの住宅会社がランクの低い材料を使い価格を下げるのではなく、
仕入れのコストを下げる努力を絶えずすることで、良い材料を使い少しでも安く提供することができる
のです。
良い家ができたとしても、住宅にはアフターメンテナンスが大事ですよね。末永くお客様にサービスを提供するためにも、会社を存続させる必要がありますし‥‥
良い家を安く提供するには、非常に手間がかかるものですね。

会計士のイラスト(男性)

次は『職人さんの手間』についてです。

例えば、〇〇住宅と契約するにあたって、100万円を値引きしてもらったとします。
(普通はありえません)
その値引き額の100万円を、例えば職人さんに支払うべきところから捻出したとしたら、どうなるでしょうか?

例えば、1人の大工さんが90日で住宅を仕上げるとします。
その大工さんの1日の手間代が15,000円だったとします。
1軒仕上げるための大工さんの手間代は、合計135万円になります。
仮に、〇〇住宅より27万円の値引きを要求されたら、大工さんは108万円で仕上げなければなりません。

そうすると、大工さんの手間代は1日12,000円となり、1か月25日働くとすると、月に75,000円も手取り額が減ってしまうことになるんです。

もし、あなたの月の給料が75,000円も減ってしまったら、どうでしょうか?
生活がきつくなりますよね。
私のはなら、小遣いがマイナスになってしまいます‥‥
となれば、この大工さんがすることは、手取りが減らない方法で仕事をするしかありませんね。

月の給料を減らさないためには、1日の手間代を15,000円にすればよいのです。
つまり、1軒の住宅を90日かけて仕上げるところを、72日で仕上げれば良いのです。

値引き前 135万円÷90日=15,000円
値引き後 108万円÷72日=15,000円

大工さんの手間代は1日15,000円を確保できましたが、
果たして、肝心の建物は‥‥
ご想像できるでしょうか?

ご想像いただけたかと思いますが、もしかしたら、早く終わらせるために工事が雑になったり、1日の仕事量を増やすため、早朝から深夜まで仕事をした結果、近所からクレームがくるかもしれません…

必ずしもこうなるとは言えませんが、100万円の値引きを受けたばっかりに、建物の品質の低下を招いたり、引越しする前から近所からのクレームなどと、最終的にあなたに跳ね返ってくるかもしれない、ということなんです。

せっかく高いお金を出して、30年以上のローンを組んでまで買ったのに、こんなことは絶対に避けたいですよね‥‥
ですから、安さを売りにしてくるような会社や、すぐに値引きを提示してくる会社は選ばないように気を付けたいですよね。

最後に、安売りや値引きが『建築会社の利益』どのような影響があるかをお伝えいたします。

ここまでお伝えしたことは、全ての会社に当てはまるのではなく、一部の例外はあると思いますが、一般的に、驚異的に価格が安い安く見せている住宅会社のほとんどは、職人さんの手間代を極端に安く設定していたり、そもそも安い材料を使用しているのは当然ですが、なにより利益設定が低い、という特徴があります。

俗にゆう『薄利多売』型ビジネスですので、数をこなすことによって、1軒あたりの利益を下げ、最終的な販売価格を安く設定することが可能になります。
利益が下がってくるとなると、最も経費がかさむ人件費を削るようになり、経験が未熟なスタッフが営業や工事の現場を仕切るようになり‥‥
気が付けば、頼んだものと全く違う家になってしまった‥‥
という状況を招くかもしれません。

他にも、アフターメンテナンスの対応が悪かったり、そもそもメンテナンスしてくれない、なんてことも考えられます。そうなれば、建物に不具合が出た場合には、困った状況を招きそうですよね。

さらに、このような経営方針で営業している会社は、順調に売り続けられれば会社は存続できるのですが、ひとたび売り上げが落ちてくると、いつまでもつのか‥‥という状況も招いてしまいます。
建築した会社が倒産や地方から撤退した場合、アフターメンテナンスを誰に頼めばよいのでしょうか?
当然、住宅会社は精一杯頑張ることをお伝えすると思いますし、
アフターフォローもしっかりします!と口では言うでしょう‥‥
しかし、現実はどうでしょうか?

住宅会社は、あなたに何千万という買い物をしていただき、30年以上の長い期間の住宅ローンを組んでいただくわけです。あなたが安心して暮らしていけるように、
会社を継続していく責任がありますし、
生涯サポートし続ける義務があります。

そのためには、会社には適正な利益が必要にあり、そのことを誠実に思う会社であれば、簡単に、安売りしたり、値引きしたりはできないはずです。

目先の安さや値引きの金額の誘惑に惑わされて、後々困ったことになってしまった‥‥
なんてことにならないように、安易な値引きをしたり、安売りしたりするような住宅会社には、気を付けていただきたいと思います。

今回は住宅の価格についてお伝えいたしました。
住宅業界の背景からも分かるように、住宅は、簡単に安く建てられることはできません。
これから住宅会社を選ぶときは、価格が安いから、値引きがあったから、などの理由だけで選ばないように気を付けていただきたいと思います。

記事を書いた人: 榊原 邦雄

出身地:山梨県甲府市 趣味:ゴルフ、アウトドア キャリア:25年 資格:宅地建物取引士 、 損害保険募集人 MESSAGE 不動産のことは、お気軽にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。