土地をお探しのほとんどの方が『日当たりの良い土地を購入したい』とお考えだと思います。
この『日当たりが良い土地』というのは、一般的な土地の広さの場合には、南側に道路がある土地、いわゆる『南面道路の土地』の土地を指しているのだと思います。
太陽の光が一番良く入る南側に、日の光を遮る建物が建たないことから、日当たりが良い土地は人気が高いのだと思います。

実は、この南面道路の土地には、2つの落とし穴が潜んでいます

まず1つ目の落とし穴ですが、『土地の価格が割高なうえ、価格交渉がしにくい』
ということです。

土地を探している他の皆さんも、あなたと同じ気持ちで土地を探していると思います。
『人気がある』ということは、『競合が多い』ということになります。
土地などの不動産物件は、このような人気の物件になると、インターネットの広告に載る前に売れてしまうことが多いです。偶然見つけたとしても価格交渉の余地は全くないでしょう。

不動産業界に長くいると、『土地は縁もの』と感じていますが、いざ目の前にでてくると、人気物件がゆえに、見つけたら急いで決断を迫られることになるかもしれません。

一般的に人気物件は割高であることが多いので、『土地に予算を使い過ぎて、肝心の建物の予算が…』となりかねません。
当初決めた総予算以上に住宅ローンを組んでしまうと、建てた後の生活が苦しくなってしまう、といったリスクをはらんでいます。

2つ目の落とし穴は『人目が気になり、住みにくい家になってしまうかも』ということです。
日当たりの良い土地を前にすると、多くの住宅会社の設計では『南側に大きな窓』を作るでしょう。
あなたも、そういう設計を望むと思います。

しかし、少し冷静に想像しててみてください。

あなたの土地の南側は道路です、人や車がたくさん通ることが想像できます。
近所の方はもちろん、通りすがりの全く知らない人からも、家の中が丸見えになりますよね。
せっかく大きな窓を作ったものの、人目が気になり、リビングでリラックスできません

そう思ったあなたは、大きな窓にカーテンを設置し、常に締め切るようになってしまうかもしれません。

明るくて日当たりの良さそうな家かもしれませんが、人目が気になり、窓もカーテンも閉め切り、暗くて風通しが悪い家になってしまうかもしれません。

これでは、なんのために割高な土地を選んだのか、よく分からなくなってしまいますね。
土地の立地や広さなどにより、状況は変わってきますが、購入時には、このことも頭に入れた方がよさそうですね。

誰もが良いと思っている『南面道路』の日当たりの良さそうな土地でさえも、メリットばかりでなくデメリットも持っているので、土地に完璧さを求めることはしないようにしていただければと思います。

記事を書いた人: 榊原 邦雄

出身地:山梨県甲府市 趣味:ゴルフ、アウトドア キャリア:25年 資格:宅地建物取引士 、 損害保険募集人 MESSAGE 不動産のことは、お気軽にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。