不動産物の購入や家づくりをすすめるにあたって、まず『資金計画』から始めるべきである!
ということをお伝えしました。

その理由とは、

『マイホームに住み始めてからも、ゆとりのある幸せな生活をしていただくため』です。

住宅ローンの返済を、ギリギリで返済できる額で計画した場合、せっかく夢のマイホームを手に入れたのに、

住宅ローンを返済するために必死ではたらいているだけで、

家族で旅行に行くのを我慢し、

趣味や外食を我慢し、子供のモノを買うこともできず、

子供の進学や自分たちの老後のために貯蓄が全くできない‥‥

この状況で『幸せ』、『家を建てて良かった』と感じることができるでしょうか。

家は購入時や新築の時が一番きれいな状態です。
希望の外観で、希望の間取りの家を、希望の土地に建てたマイホーム。
実際に住み始めて、家族といる幸せを感じられるでしょう。
多少の不満は我慢できるでしょう。
しかし、5年、10年、15年と経つと‥‥
住宅ローンを返しているだけの生活‥‥

どうでしょうか?
こんなはずじゃなかった‥‥

後の祭りです‥‥

年間6万人も住宅ローンに苦しんでいる人がいるのです。

あなたの身近な人の中にも、もしかしたらこんな状況の人がいるかもしれません。
こうならないためにも『資金計画』を、最初にしっかりと行う必要があるんです。

ですが…

しっかり『資金計画』したはずなのに‥‥
現在、住宅ローン返済で困っている人の中にこう思う人もいると思います。

  • しっかり『資金計画』をしたが(今)
  • 住宅ローンの返済額が増えて(何年後か)
  • 支払いができなくなり(何年後か)
  • マイホームを手放してしまう…(何年後か)

『資金計画』をしっかりしたのに、なぜ、こんなことのなるのでしょう?

その理由は3つあります。

まず理由の1つ目は、『土地などの不動産物件や建物以外の費用を、事前に把握していない』ことです。

そして理由の2つ目は、『不動産購入や建物にかかる具体的な金額が把握できていない』ことです。

最後の理由の3つ目は、『あなたにあった住宅ローンを選んでいない』ことです。

主にこの3つの理由で、『資金計画』でつまづき、多くの人たちが失敗してしまっていることが多いようです。

記事を書いた人: 榊原 邦雄

出身地:山梨県甲府市 趣味:ゴルフ、アウトドア キャリア:25年 資格:宅地建物取引士 、 損害保険募集人 MESSAGE 不動産のことは、お気軽にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。